お知らせNEWS

3月3日は桃の節句(上巳の節句)~みんなで楽しむ年中行事~

ひなまつりを行う3月3日は五節句の一つ,桃の節句(上巳(じょうし)の節句)です。

現在は,女の子の健やかな成長を祝うひなまつりですが,起源をたどると中国の故事と言われています。古代中国では,上巳の日に川で身を清めて宴を催す習慣がありました。一方,日本では「雛遊び」(ひいなあそび)があり,両者が結びついて身の厄災を紙や藁で作った形代(かたしろ)や人形に移し川や海に流すようになりました。その名残で現代にも流し雛の風習が伝わります。

「西陣を中心とした地域活性化ビジョン」では,五節句をはじめとした年中行事など「暮らしの文化の継承」を推進しています。皆さんも楽しみながら実践してみませんか。

【ひなかざり】

ひな人形を飾るようになったのは,江戸時代からと伝えられています。京都では向かって右側に男雛,左側に女雛を飾るのが習わし。これは,君子は常に南側に面し,日の昇る東側に座るという宮中の儀式の並び方に由来しています。

ひな人形

 

【ひなまつりの食事】

ひな祭りで良く食べられるのが,ばらずし。酢飯にかんぴょうや椎茸,高野豆腐などの具を混ぜ,湯葉か錦糸卵をたっぷりとのせます。生の魚を使わないのが京都の伝統です。

また,宮中の儀式に用いられたいただきもちに由来する上生菓子「引千切」(ひちぎり)も親しまれています。小餅を引きちぎったような形からそう呼ばれます。

ひちぎり
ひちぎり

 

【関連催し】

「御殿飾り雛」公開(2月20日~4月14日,千本ゑんま堂)

えんま堂ひな飾り

永々棟のひなまつり(2月26日~3月28日の金土日)

永々棟ひなまつり

京の五節句と年中行事「上巳の節句」(3月1日~5日,上京区総合庁舎)

上巳の節句展示

「お雛祭」(年中行事を花と町家で楽しむ会)(3月13日,be京都)

 

参考

・「京の年中行事」(京都をつなぐ無形文化遺産普及啓発実行委員会)

※京のほぼ30秒講座でも「上巳の節句」が取り上げられています。詳しくはこちら。

お知らせ