イベント西陣の最新情報

妙蓮寺春の宝物殿特別拝観&初夜間ライトアップ 長谷川等伯一派と4人のアーティスト - お寺まるごと美術館 –

開催概要

美しい桜が境内を彩る時季に,寺宝の特別拝観と,本院初となる夜間ライトアップを行います。白砂が輝いているような美しい十六羅漢石庭をご覧ください。

【昼の部】

宝物殿特別公開 10:00 – 16:00 長谷川等伯一派の襖絵ほか,重要文化財に認定された妙蓮寺の寺宝を期間中特別公開しま す。アーティストの作品は鑑賞可能です。

【夜の部】

初の妙蓮寺ライトアップ 18:00 – 20:30 十六羅漢石庭をはじめ,境内の桜のライトアップを行います。アーティストの作品は鑑賞可 能です。夜に映える作品もございます。

※長谷川等伯(はせがわとうはく)(天文8年(1539年)  慶長15年2月24日(1610年3月19日))は,安土桃山時代から江戸時代初期にかけての絵師。幼名は又四郎,のち帯刀。初期は信春と号した。狩野永徳, 海北友松,雲谷等顔らと並び桃山時代を代表する画人。

■妙蓮寺について
日像聖人に帰依した造り酒屋 柳屋(つくりざかや やなぎや)の邸宅内に一宇を建立し,妙法 蓮華寺(みょうほうれんげじ)と称したのが始まり。 一旦,妙法蓮華寺が像師堂として衰微していたものを,1420年頃に復興したもので,以 後,妙蓮寺と称した。 その後,日隆聖人(にちりゅう)により八品門流(はっぽんもんりゅう)となり,現在に至る。

■お寺まるごと美術館PROJECTとは

上京区にあるお寺で行う地域活性化プロジェクトです。お寺と上京区で活動する個人や NPOが協力し,文化的な建造物の保全と,地域の魅力的な工芸師やアーティストの活動をサポートすることで,文化的で豊かな暮らしと創造的なまちづくりを両立する目的で運営 を始めました。 2017年の秋に妙顕寺で始まった企画は,今回で4回目を迎え妙蓮寺が参加したことで2件 のお寺で行われます。

■妙蓮寺 寺宝

長谷川等伯一派の襖絵のほか,本阿弥光悦が鷹峯に移住して四年目の62才の時に,日源 上人の所望に応じ,日蓮大聖人の『立正安国論』,『始聞仏乗義』を書写したものが収 蔵。

日時平成31年3月23日(土)~4月9日(火)
昼:10時~16時  夜:18時~20時30分
場所本門法華宗 大本山 妙蓮寺(上京区寺之内通大宮東入妙蓮寺前町)
料金昼の部,夜の部共に800円
主催・問い合わせ主催:本門法華宗 大本山 妙蓮寺,お寺まるごと美術館実行委員会
問合せ:お寺まるごと美術館実行委員会
MAIL:info@510kuras.com    TEL:090-7354-6304

地図

大きな地図で見る

keyboard_arrow_right一覧記事へ

イベント一覧