イベント西陣の最新情報

史跡御土居のもみじ苑公開

開催概要

境内西側には天正19年(1591)豊臣秀吉公が洛中洛外の境界,また水防のため京都の四囲に築いた土塁「御土居」の一部が残り国の史跡に指定されており,現在でも自然林が残り,四季に応じ様々な美しさを感じることができる。

中でも秋の紅葉は菅公がこよなく愛でられた梅と同様に御縁の樹林で,御土居一帯にはおよそ350本,樹齢350年から400年のものが数本あり,菅公の御神徳を偲ぶかのごとく鮮やかに彩られる。また御土居にはかつての紙漉き場であった紙屋川が流れており,赤や黄に見事に染まった木々が紙屋川の水面に映え渡り人々を錦繍の世界へ誘う。

日時~令和元年12月8日(日)
9時~16時(最終受付),日没~20時(最終受付)
場所北野天満宮(上京区馬喰町)
料金大人1,000円,こども500円 (茶菓子付き)
関連URLhttp://kitanotenmangu.or.jp/
主催・問い合わせ北野天満宮 電話075-461-0005

地図

大きな地図で見る

keyboard_arrow_right一覧記事へ

イベント一覧