イベント西陣の最新情報

樂美術館 新春特別展 樂歴代「用の美-作陶の広がり-」

開催概要

※6月9日(火)から再開。入館に際して制限等あり。

樂焼は千利休の意を受けて,初代長次郎によって創設されました。

樂焼の代表といえば赤茶碗と黒茶碗を思い浮かべますが,茶碗以外にも,樂歴代によって茶の湯に用いられる様々な道具が生み出されました。水指,花入はもちろんのこと,懐石道具などのうつわ類をはじめ,意外な道具や器物が造られています。それらは,樂焼のルーツである三彩技法を反映して,緑,黄,赤などの色釉を使い,彩り豊かに表現されています。

今回は,『用の美 −作陶の広がり−』として,樂歴代が造り出した茶碗を中心に,茶の湯の「用」にあわせた作陶の広がりをご覧いただく展覧会です。皆様がイメージされている樂焼から,めずらしい思いもかけないものまで,その多様な広がりをお楽しみ下さい。

日時令和2年3月14日(土)〜 9月6日(日)
10時~16時(入館は15時30分まで)
休館日:月曜日(祝日は開館)
場所樂美術館(上京区油小路通一条下る油橋詰町)
料金一般1,000円,大学生800円,高校生400円,中学生以下無料
関連URLhttp://www.raku-yaki.or.jp
主催・問い合わせ公益財団法人 樂美術館  電話 075-414-0304

地図

大きな地図で見る

keyboard_arrow_right一覧記事へ

イベント一覧