イベント西陣の最新情報

西陣織史料室所蔵品展「西陣 伊達家の織物」

開催概要

西陣伊達家は知る人ぞ知る近世西陣織の功績名家。西陣近代化の立役者というと明治5年ウィーンに渡った佐倉常七ら3名があまりにも有名ですが,4世伊達弥助はその翌年ウィーン万博に出展参加,その足で欧州各地を視察し洋式技術と意匠を持ち帰り,その後の川島甚兵衛らとともに近代織物業の礎を築きました。

伊達家は,代々堀川寺之内付近で織物業を営んできた高機仲間で,4世以降三代にわたる功績が顕著です。

本展では,「伊達家の錆織(さびおり)」と称賛された帯類や裂地,珍しいはす糸を使用した藕糸織(ぐうしおり)の作品など,西陣織物館,財団の所蔵品を余すところなく紹介しています。

日時令和2年7月1日(水)~9月24日(木)
10時~17時
場所西陣織会館3階西陣織資料室(上京区堀川通今出川下る竪門前町)
料金無料
主催・問い合わせ一般財団法人西陣織物館 電話:075-432-6130

地図

大きな地図で見る

keyboard_arrow_right一覧記事へ

イベント一覧