イベント西陣の最新情報

京の五節句と年中行事 「重陽の節句」

開催概要

「重陽(ちょうよう)の節句」は旧暦九月九日に行われた節句です。「菊の節句」「重(ちょう)九(く)の節句」「九月節句」「栗の節句」とも呼ばれています。
「重陽」とは陽数(奇数)が重なるという意味で,菊の効能により不老不死となった「菊慈(きくじ)童(どう)」伝説や,九月九日に「茱萸(しゅゆ)嚢(ぶくろ)」を持ち高い山に登り,「菊酒」を飲んだところ災いが消えたという故事が中国より伝わり,菊は邪気を祓い延命長寿の花とされました。

平安時代の宮中では,「菊花の宴」が催され,菊酒を飲み,茱萸袋を飾り,着せ綿(きせわた)を楽しみ,延命長寿を祈りました。

明治維新後,旧暦から新暦に変わり9月9日は菊の開花の時期との関係から,重陽の節句が一般で楽しまれることは少なくなりましたが,京都では寺社や地域で今も受け継がれています。

暮らしの文化の継承につなげ,溢れる菊の香りと百歳雛の展示などを通じ,皆様方の無病息災,健康長寿をお祈りし,「重陽の節句」の展示を企画いたしました。

本事業は,令和3年度 文化庁文化芸術振興補助金(地域文化財総合活用推進事業)の助成を受けて実施する「京都の地域文化財総合活用推進事業」の一部です。

日時令和3年9月6日(月)~9月10日(金)
午前9時~午後5時
場所上京区役所1階ロビー
主催・問い合わせ事業名 上京暮らしの文化プロジェクト
主 催 京の暮らしの文化普及啓発実行委員会
    上京ふれあいネット運営協議会
協 力 いけばな嵯峨御流 石川利佳甫,京人形司大橋弌峰,
    国定織物株式会社,手織り工房織り日和,テラヲ貸物店,
    ハンドメイド299屋,ギャラリーbe京都 
お問合せ先/上京区役所 地域力推進室(企画担当)
      電話075-441-5029 

地図

大きな地図で見る

keyboard_arrow_right一覧記事へ

イベント一覧