イベント西陣の最新情報

夏越の祓

開催概要

6月と12月の末日には,半年の厄を祓い,次の半年を無病息災で過ごせるように祈願する行事「大祓」が行われます。6月に行われる「大祓」を「夏越の祓」と呼び,寺社では,厄除けの呪力があるといわれる茅で作られた大きな輪が飾られます。茅の輪をくぐることで悪疫を退けることができるといわれます。また,人形に名前を記し,けがれを移して,身代わりとして川に流して厄やけがれを祓い清めることで,これからの半年の無病息災を祈願します。

西陣を中心とした地域での夏越の祓

・今宮神社  午後3時 夏越の祓

・北野天満宮 午後4時 夏越の大祓

・建勲神社  午後5時30分 大祓式,茅の輪神事

・護王神社  午後3時 夏越の大祓式

・御霊神社(上御霊神社) 午後3時 夏越の大祓式

・白峯神宮  午後5時 夏越大祓,茅の輪神事

・水火天満宮 午後5時 夏越の祓

・大将軍八神社 午後4時 夏越の神事-水無月の大祓

 

【水無月(みなづき)】

夏越の祓に食べる水無月は,三角形の外郎生地に小豆をのせた和菓子です。上部の小豆は悪魔払いの意味があり,三角の形は暑気を払う氷を表しています。宮中で旧暦6月1日の「氷の節供」に,氷室から取り寄せた氷を口にして暑気を払ったことに由来し,貴重な氷が菓子としてかたどられるようになりました。

 

<お願い>

ツイッターをされている方は,西陣での年中行事やまちの様子などを「#マイ西陣」をつけて投稿をお願いします。「にしZINE」のトップページで常に更新されていきます。各神社の茅の輪や,水無月など,皆様の投稿で,生活文化豊かな西陣を発信していきましょう。

日時平成30年6月30日(土)

地図

大きな地図で見る

keyboard_arrow_right一覧記事へ

イベント一覧