イベント西陣の最新情報

禅寺の学問―継承される五山文学/相国寺の歴史と寺宝Ⅱ

開催概要

古代インドで誕生した仏教の教えは,中国を経て日本に伝えられました。その教えを学びに多くの禅僧が大陸に渡り,禅とともに大陸文化を日本にもたらしました。そのため禅僧は漢詩文に優れ,漢籍を教える師としても天皇家や公家と交流しました。

京都五山第二位の寺格を有する相国寺は,中世より漢詩文などに優れた禅僧を多く輩出した,五山文学の中心地でした。仏典(内典)のみならず,漢籍(外典)も多く有し,知識をもって権力者たちとも深いつながりを持ちました。また,藤原惺窩(ふじわらせいか)をはじめ近世儒学者たちとの深い交流もうかびあがります。禅僧の活躍は文芸面だけではなく,外交文書の作成など,政治的な実務も担っていたことでも示されます。

本展観では,相国寺や塔頭寺院に伝来する漢籍を確認し,禅寺に蓄積された知の体系を探ります。あわせて,相国寺の歴史を通観する展示,「相国寺の歴史と寺宝」の第二弾をお届けいたします。第一弾とはすべて異なる寺宝を展示いたします。ぜひ,あわせてご覧ください。

日時2021年11月23日(火・祝) ~2022年1月23日(日)
10:00~17:00(入館は16:30まで)
<休館日>2021年12月27日(月)~2022年1月5日(水)
場所相国寺承天閣美術館(京都市上京区今出川通烏丸東入ル)
料金拝観料
一般:800円,65歳以上・大学生:600円,中高生:300円,小学生:200円
※一般の方に限り,20名様以上は団体割引で各700円
関連URLhttps://www.shokoku-ji.jp/museum/exhibition/zendera/
主催・問い合わせ主催:相国寺承天閣美術館 
協賛:一般財団法人 萬年会 鹿苑寺 慈照寺
お問合せ:相国寺承天閣美術館
TEL : 075-241-0423

地図

大きな地図で見る

keyboard_arrow_right一覧記事へ

西陣エリアの
イベント情報を募集しています

皆さまから,「西陣を中心とした地域活性化ビジョン」に掲げる対象エリア内で開催される,イベント情報を広く募集しています。お寄せいただいたイベント情報は,内容確認後に「にしZINE(当サイト)」のイベントページに掲載させていただきます。イベント情報の掲載を希望される方は,以下のフォームに情報を入力し,送信してください。

イベント投稿フォーム

イベント一覧