イベント西陣の最新情報

「見え隠れ」のドローイング 15番目の石

開催概要

本展ではアメリカ人アーティスト Dustin Londonが、京都の寺院や庭園からインスピレーションを得て和紙に色鉛筆で描かれたシリーズを展示します。

その多くはANEWAL Galleryのアーティストインレジデンスプログラム”KKARC”をはじめ、京都での複数回に及ぶ長期の滞在制作期間中に制作されたものです。

Dustin Londonのドローイングは、重なり合う要素が前や後ろにスライドし、互いに交差、遮断、暗示し合い、物や空間が部分的にしか見えないようにすることで何も描かれていない空間は揺らぎ、描かれたものと同等の重要性を持ちます。

タイトルは15個の石からなる龍安寺の枯山水にちなんでいます。縁側に座る参拝者は全ての石を見渡すことが出来ず、14個の石しか見ることができません。

正と負、地と図、実と虚。これらは見る人の心のあり様によって容易にその役割を交換し、変化する風景となり見えないものを想像させ、空間に謎と可能性を与える暗示的な雰囲気を生みます。

禅庭とその作庭における精神性に魅せられたDsutin Londonの繊細な色使いと画面の構成をお愉しみください。

アーティストプロフィール

Dustin London
ダスティン・ロンドンはアメリカのイースタン・ミシガン大学アート・デザイン学部の教授であり、ニューヨーク芸術財団のフェローシップを受賞。彼と彼の作品は『The New YorkTimes』、『New American Paintings』、『Two Coats of Paint』などでも紹介されています。
これまで京都のANEWAL Gallery KKARC、メトロポリタン福寿創、アメリカのYaddo、Millay Colony、Willapa Bay AiR、Jentel、Vermont Studio Centerなどで滞在制作を行い、全米各地、そして京都のZen House Galleryなどで広く展示されています。

イベントのイメージ画像

日時7月12日(金)~7月15日(月)、7月18日(木)~7月21日(日)
14:00~19:00
場所no.317 ANEWAL Gallery(堀川出水団地第三棟 317号)
関連URLhttps://www.anewal.gallery/
主催・問い合わせ主催:NPO ANEWAL Gallery
共催:京都府住宅供給公社
電話:075-431-6469

地図

大きな地図で見る

一覧記事へ

西陣エリアの
イベント情報を募集しています

皆さまから、「西陣を中心とした地域活性化ビジョン」に掲げる対象エリア内で開催される、イベント情報を広く募集しています。お寄せいただいたイベント情報は、内容確認後に「にしZINE(当サイト)」のイベントページに掲載させていただきます。イベント情報の掲載を希望される方は、以下のフォームに情報を入力し、送信してください。

イベント投稿フォーム

イベント一覧