イベント西陣の最新情報

京の五節句と年中行事「重陽の節句」展示

開催概要

「重陽(ちょうよう)の節句」は旧暦九月九日に行われた節句です。「菊の節句」「重九(ちょうく)の節句」「九月節句」「栗の節句」とも呼ばれています。「重陽」とは陽数(奇数)が重なるという意味です。

菊の効能により不老不死となった「菊慈童(きくじどう)」伝説や,九月九日に「茱萸嚢((しゅゆぶくろ)」を持ち「登高(とうこう)」して「菊酒」を飲むと災いが消えたという「桓景(かんけい)」の故事が中国より伝わり,菊は邪気を祓い延命長寿の霊力のある花とされました。

平安時代には,宮中で延命長寿を祈り「菊花の宴」が催され,「菊酒」を飲み,「茱萸袋」を飾り,「着せ綿(きせわた)」を楽しみました。

明治維新後,旧暦から新暦に変わり九月九日は菊の開花時期とずれてしまい,「重陽の節句」が日常で楽しまれることは少なくなりましたが,京都では寺社や地域で今も受け継がれています。

暮らしの文化の継承や,新型コロナウイルス感染症の脅威が懸念される今,菊の香で皆様方の「無病息災」「健康長寿」をお祈りするため,「重陽の節句展」を企画いたしました。

日時令和2年9月6日(日)~9月11日(金)
9時~21時(9月6日は9時~17時)
場所上京区総合庁舎1階区民交流ロビー(上京区今出川通室町西入堀出シ町)
料金無料
主催・問い合わせ京の暮らしの文化普及啓発実行委員会,上京ふれあいネット運営協議会

地図

大きな地図で見る

keyboard_arrow_right一覧記事へ

イベント一覧