イベント西陣の最新情報

開館40周年 夏期展 樂焼って何だろう? 炎の中の赤と黒

開催概要

今から約450年前,千利休が考える「侘茶」の思想を現す茶碗を創造する為,樂家初代・長次郎は他に類を見ない特殊な焼成方法で茶碗を生み出しました。

樂家では,現在でも変わらず窯の炎を守り続け,新たな茶碗が生まれています。

今回の展観では,初代長次郎の黒樂茶碗「萬代」や3代道入の赤樂茶碗「僧正」,5代宗入の黒樂平茶碗「古池」,15代吉左衞門の焼貫黒樂茶碗「老鴞」などが並びます。個性に富んだ赤樂茶碗や黒樂茶碗から,その内に潜む熱量を感じて頂ければ幸いに存じます。

日時平成30年6月30日(土)~8月26日(日)
10時~16時30分(入館は16時まで)
(休館:月曜日(祝日は開館))
場所樂美術館(上京区油小路通一条下る)
料金大人900円,大学生700円,高校生400円,中学生以下無料
関連URLhttp://www.raku-yaki.or.jp
主催・問い合わせ樂美術館 電話414‐0304

地図

大きな地図で見る

    keyboard_arrow_right一覧記事へ

    イベント一覧