お知らせNEWS

コラム 季節を巡る京菓子 「粽」で楽しむ端午節供

5月5日は端午の節句。
端午のお菓子には粽と柏餅があります。

5月5日に粽を食せば邪気を祓えると考えられていました。粽の歴史は古く中国故事に由来します。平安時代は真菰(まこも)の葉に米を包み,灰汁で煮た後,蒸していました。「伊勢物語」にも五色の糸で飾った「飾り粽」を贈答していたことがしるされています。お菓子となるのは江戸時代中期以降。現在の粽は笹の葉に包み,イ草で固く結ぶ形となりました。粽の種類には葛,ういろう,羊羹などがあります。

また,柏餅は子孫繁栄の縁起があるとされる柏の葉を使います。京都では白味噌を使った味噌餡の柏餅も見られます。

五月飾りとともに粽や柏餅も飾られるようになりました。
塩芳軒の床の間には,4月から端午の節句にかけて,五月人形と掛軸「竹生羹圖」(画・今尾景祥先生)がしつらえられています。

竹生羹(ちくぶかん)は二代目のころに調製していた蒸羊羹製の粽です。
ここ数年,当時の配合をもとに再現した竹生羹のご予約も受け付けています。初夏を迎えるころのひとときをお楽しみいただけると幸いです。ぜひご賞味ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Special Thanks

御菓子司 塩芳軒
〒602-8235 京都府京都市上京区黒門通中立売上ル飛騨殿町180
TEL:075-441-0803
https://www.kyogashi.com/

【関連記事】
・にしZINE「にし人」のコーナーで塩芳軒5代目髙家 啓太さんのインタビュー記事公開中
https://nishizine.city.kyoto.lg.jp/people/people-3642/

(コラム担当:Art Gallery be京都 岡元麻有)

お知らせ