民間提案による活性化プロジェクト

活性化ビジョンに掲げる将来像を具体化するプロジェクトを企画・運営し,民間主体の自立的な取組を展開させ,活性化の動きをエリア全体に広げていくことを目指している。公募型プロポーザル方式により受託者を選定して業務を発注し,本市がその初期取組(2年間)を支援するもの。

令和元年度からの2年間で「西陣connect」「路地から始める西陣暮らし」の2プロジェクトの事業が実施されるとともに,令和3年度からは,「NISHIJIN+」「西陣ネイバーフッド」の新たな2プロジェクトが事業を開始している。